不動産投資セミナーではどのようなことが学べる?

>

不動産投資の仕組みが学べます

節税出来る税金について

税金と言うのは、非常に沢山の種類があります。
ですが、不動産投資に関する税金だけに絞って見ても、所得税、固定資産税、相続税、印紙税、 登録免許税になってます。

この中で、節税効果があるのは、大きいのは所得税と相続税の2つです。
所得税と言っても複数の種類に分類されていて不動産投資をする事によって得られる不動産所得とサラリーマンやOLが始める場合に会社から貰っている
給与所得を損益通算する事で節税対策にはなるそうです。

そのカギとなっているのは、源泉徴収と年末調整でいくらか税金が還付されます。
そして、きちんと確定申告を行う事で税金対策にもなります。
また相続税についてですが、借入金を利用してプラスの資産と相殺する事で節税になるみたいです。

海外物件の購入を考えている場合は?

海外不動産を活用して節税をしようと考えている人もいる為、セミナーでは海外物件に関してもきちんと説明しています。
より良い節税対策に繋げる為には、メリットがある物件を購入する事が大切だそうです。

日本よりも耐用年数を超えていて利用価値がある事や売却する場合でも投資額を回収出来る事が挙げられます。
日本の物件とは年数の違いも多く中々価値が下がらない国もあります。

また海外は、建物の価値を認めてくれる事も多いので大きな収益に繋がる事もあります。
国の文化や法律も違うので安易に手を出してはいけないと思います。

不動産の知識のほかに、言葉や所得の問題も大きく関係してくるのです。
なので、異なるスキルがいくつか必要になるので、その辺に関してどうすれば良いのかもセミナーで学べる事もあります。